Category: 未分類

ホイル・スピンを起こした時のトルク・ステァも相当だが、普通にラインを決めて入った時のステアリングの保舵力も相当腕にくる。これはもう腕力の問題でそう感じないとしたら、この車をコントロールできる。もし、グイと重くなるハンドルに負けそうになったら、ジムにでもいって体力をつけることだ。このような保舵に必要なのは、瞬発力ではなく腕を曲げた状態での持久力だから。サスペンションはかなり硬めにセットされているが、できるだけ初期にロールさせない走り方が向く。ここまでパワー・アップすると、わずかな荷重の移動でもパワー・オンで滑りを誘発する。一番いけないのは、直角に曲がる時などアクセルを踏みすぎることである。タイヤがきしんで格好いいようだが、こんなドライバーにろくなものはいない。帥シリーズのタイヤは初期のグリップはよく、キビキビと曲がるが、踏みすぎるとこれをスポイルする。ベーシックカーとはいえ、このスターレット・ターボだけは別の車で、本来ならスポーツカーのほうに入れたい車である。ノーマル・バージョンと同様に消極的な走り方もマスターしたほうがいい。中古車 高く売る ←こちらのサイトがお勧めです。

DW093_L

ノーマルとの違いは、明らかにこのターボの扱い方で、低速で静かにアクセルを踏んでいけば普通に走れるが、うっかりアクセルを深く踏んで待っていると唐突にエンジンが吹け上がり、猛然と加速が始まるので注意したい。これでは街の中や、山道では危険なので、ターボをLOモードに切り替えられる。LOでもふつうのスポーツ・セダンなどに期待するよりずっと強烈で、濡れた舗装では簡単にスリップする。ただホイル・スピンするだけならいいのだが、FF車の宿命で片輪がスリップすれば、激しくハンドルを取られる。これはパワ・ステでも抑えられないほど強烈に来る。腕力が必要だ。これがH1のほうでは、ターボ加速は凄いのでもう前がすいた高速道路の直線とか、完全にドライの安全な道路でないと快感は得られない。マニュアル車のセカンドなどで注意したほうがいいのはもちろんだが、4ATのセカンド・レンジでも強烈な加速力がある。とくにこのようなギアを使う時には気を付けたほうがいい。せっかく買った車に走るな、というのはおかしいが、加速、減速でハンドルに影響があるFF車では、あくまでも路面の条件に頼っていることをお忘れなく。それを見分けるのもテクニックだが。←ここから情報を探せます。

DW083_L

注意したいのは、スピードが高い時にハンドルを絶対切り遅れないこと。どちらかというと、ノーマル車のほうにこの恐れがある。自分で切り遅れたハンドルを余分に切って済まそうとする運転がもっともまずい〈しかも、その時にまだアクセルを踏んで加速するほど車が曲がらなくなる。一番いけないのは、出ていたスピードのままハンドルだけで強引に曲がろうとする無関心タイプのドライピング。ホンダ車では通用してもトヨタ車では受けつけない。これはスターレットのノーマルだけが悪いのではなく、FF車ではそのほうが安全である。では、どうやって運転するのが適しているか。一つはスロー・インである。これは高速で走りたい時でも、一瞬手前でブレーキを踏み、前輪を滑りにくくしてから曲がる。もう一つは、やや消極的なように見えるが、高速のままカーブに入ったら、加速を弱める。初期のアンダーステアは前輪タイヤが横滑りするためだから、大きくはらみそうなら加速で使っているトルクを減らしてやる。ふつうこれをタック・インというが、トヨタ車では怖くなってアクセルを戻した時には必ず「もとのラインにもどる」程度のタック・インをするように味付けしてある。急激にアクセルを離すのではなく、加速を弱める程度だと車は回りこんでくれる。ノーマルFFに共通するテクニックである。その他の車に関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。

DW089_L

車の性能

4速ATでは、Dレンジで走れば全域をカバーするが、それだけでは車の性能は生きてこない。スターレットでは、軽快な性格と強力なエンジンを生かすために、Dレンジでスピード調節がうまくできないような道路条件では、迷わず、セレクターにあるボタンを押して「出た状態」にして、OD/OFFにする。これはマニュアルでいえば④l③速に相当する。静かにアクセルを踏んでいれば④速に、加速する時にはサード並みの元気がある。エンジン・ブレーキとして使う時は④速ぐらいの弱いエン・ブレになる。狭い道、山道、人が多い商店街信号が近いこんだ市街地、強い雨など、とにかく走りにくいなと感じたら、迷わず2レンジで走る。ふつうマニュアル車でもこんな時にはサードとかセカンドで走るはずだから、それに相当する2レンジがいい。エンジンのレスポンスが良くなったので、あくまでもアクセルの調節がうまい運転になる。ノーマル車のハンドリング特性は、ロールも少なくなり、ブレーキのノーズ・ダイブも少迩くなった。したがって、常識的な運転では乗り心地と操縦性がよくバランスがとれている車である。ただし、同じ車を急いで走らせたい場合、これはテクニックが必要だ。←こちらから情報収集できます。

DW077_L

エンジンはツインカムになって余裕が増えた。これは最高出力で較べるのではなく、あくまでも、実用で使う回転での加速レスポンスで考えよう。低速回転でトルクに余裕があるEFI(電子制御燃料噴射)方式では、アクセルの踏み方をジワーッと踏むようにしたほうがエンジンの特徴を生かせる。加速のレスポンスがよくなったぶんは、余裕としてとっておくといい。なお、このクラスではマニュアルが好きな人も多いが、5速ミッションの操作も焦らずに、力を抜いてやったほうがスムーズにいく。トヨタのFF車のミッションは遊びも少なく、正確にチェンジできる。クラッチは軽いのでつい床まで踏みがちだが、そんなに深く踏まなくてもギアが軽く入ればそれで十分だ。基本的なことだが、動作が大きすぎてかえってタイミングを狂わしている人が多い。オートマチック車は、キャプレター車では3段だが、EFIでは4速ATである。3速ATでは最終減速で調節してあるものの、Dレンジではやや回転が高めに出る。スピードを余り出さない用途ではほとんど影響ないが、2レンジ-20m/h近くまで使えるから、高速道路への流入などでは大いに使うべきである。力がない車では、こうしてギアで補うのはマニュアル車と同じだ。←その他役立つ情報はこちらから。

DW086_L