車のコントロール

ホイル・スピンを起こした時のトルク・ステァも相当だが、普通にラインを決めて入った時のステアリングの保舵力も相当腕にくる。これはもう腕力の問題でそう感じないとしたら、この車をコントロールできる。もし、グイと重くなるハンドルに負けそうになったら、ジムにでもいって体力をつけることだ。このような保舵に必要なのは、瞬発力ではなく腕を曲げた状態での持久力だから。サスペンションはかなり硬めにセットされているが、できるだけ初期にロールさせない走り方が向く。ここまでパワー・アップすると、わずかな荷重の移動でもパワー・オンで滑りを誘発する。一番いけないのは、直角に曲がる時などアクセルを踏みすぎることである。タイヤがきしんで格好いいようだが、こんなドライバーにろくなものはいない。帥シリーズのタイヤは初期のグリップはよく、キビキビと曲がるが、踏みすぎるとこれをスポイルする。ベーシックカーとはいえ、このスターレット・ターボだけは別の車で、本来ならスポーツカーのほうに入れたい車である。ノーマル・バージョンと同様に消極的な走り方もマスターしたほうがいい。中古車 高く売る ←こちらのサイトがお勧めです。

DW093_L

Comments are closed.