ノーマル車のほうにこの恐れがある

注意したいのは、スピードが高い時にハンドルを絶対切り遅れないこと。どちらかというと、ノーマル車のほうにこの恐れがある。自分で切り遅れたハンドルを余分に切って済まそうとする運転がもっともまずい〈しかも、その時にまだアクセルを踏んで加速するほど車が曲がらなくなる。一番いけないのは、出ていたスピードのままハンドルだけで強引に曲がろうとする無関心タイプのドライピング。ホンダ車では通用してもトヨタ車では受けつけない。これはスターレットのノーマルだけが悪いのではなく、FF車ではそのほうが安全である。では、どうやって運転するのが適しているか。一つはスロー・インである。これは高速で走りたい時でも、一瞬手前でブレーキを踏み、前輪を滑りにくくしてから曲がる。もう一つは、やや消極的なように見えるが、高速のままカーブに入ったら、加速を弱める。初期のアンダーステアは前輪タイヤが横滑りするためだから、大きくはらみそうなら加速で使っているトルクを減らしてやる。ふつうこれをタック・インというが、トヨタ車では怖くなってアクセルを戻した時には必ず「もとのラインにもどる」程度のタック・インをするように味付けしてある。急激にアクセルを離すのではなく、加速を弱める程度だと車は回りこんでくれる。ノーマルFFに共通するテクニックである。その他の車に関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。

DW089_L

Comments are closed.